WowAppで稼ぐには? WowAppで稼ぐ方法を検証・紹介

WowAppで稼ぐには?
WowAppで稼ぐ方法を検証・紹介

WowAppでWOWCOINを大量に稼いで、お小遣いを増やしたい、生活の足しにしたい、借金の支払いが厳しくて少しでも現金を稼ぎたいからWowAppに参加してみた・・・など「稼げる無料トークアプリ」として良くも悪くも評判の「WowApp」ですが、その収益について検証してみましょう。

┌────無料トークアプリでお小遣い────┐
wowapp
└───8段階の紹介報酬でポイント稼ぎ───┘

この無料で使用できるトークアプリ「WowApp」にはLINE(ライン)のように、無料通話や無料チャットが備わっているのは勿論、「広告が表示され、その広告表示に応じて収益を獲得する事ができる」という全く新しいスタイルで日本にも導入された、香港の会社が運営する・アメリカの法律に準じて運営されるウェブサイトとアプリケーションです。お小遣い稼ぎをLINEにプラスした、と考えてください。

ただし、自分一人で利用しているだけではつまらない。会話する相手が居ない。
家族や友人・知り合いと「コミュニケーションを楽しむ」為のアプリです。

ここでまず、家族や友人に「WowApp」を勧めましょう。
紹介して「収益が増える」事は伝えても良いし、伝えなくても良いのですが・・・正直に「私のお小遣い稼ぎに協力して!」と伝えておいた方が良いかも知れません。

これからは「ただコミュニケーションするだけではなく、家族や友達と一緒にお小遣い稼ぎをする時代が到来したのかも知れない」、WowAppの登場でそう感じました。

2016年7月、いくらテクノロジーやネットが発展・拡大したとしてもこういった「モラル」や「社会性」に大きな変化はないハズです。しかし、WowAppのような「デフォルトでお小遣い稼ぎ機能が搭載されている」アプリケーションが無料で配布されている現状を鑑みると、「WowAppは怪しいのではないか?」「WowAppはねずみ講なのでは?」といったネガティブな意見もいずれは肯定的な意見となって変化し、WowAppが世界中のトークアプリのグローバルスタンダードになる日もそう遠くないと考えられます。

今現在、「LINEに登録して!」とお願いして、登録してくれそうな友達は居ますか?
その人はもう、LINEに登録して、バリバリ利用していませんか?

このように「普及してしまって」からでは遅いのです。
まだあまり一般に広まっていないうちに、出来る限り「WowApp」を紹介し、招待人数を増やしておかなければなりません。
自分のお小遣い収入アップに直結する肝心要(かなめ)の部分です。
今、この瞬間にもWowAppのネットワ-クを拡大し、お小遣い収入を増やし続けている人が居るのです。流行ってスマホを持っている人が全てWowAppをインストールしてしまったら、もう手遅れです。

WowAppのネットワーク収益 8段階紹介報酬について
紹介した1段階目から8段階目まで収益は付与される

広告が表示された際の収益について

自分 20.00%
1段階目 25.00%
2段階目 12.50%
3段階目 6.25%
4段階目 3.12%
5段階目 1.56%
6段階目 0.78%
7段階目 0.39%
8段階目 0.19%
0.39%にアップ!

ここで、上記の表に当てはめて収益のシミュレーションをしてみましょう。

広告表示で1セント(便宜上ここでは1円とします)得られると仮定します。
自分 1円×20%=0.2円
自分が10人紹介し、8段階目まで全ての人が10人ずつ紹介したと仮定したら・・・
自分 1円×20%=0.2円
1段階目 1円×25%×10人=2.5円
2段階目 1円×12.5%×100人=12.5円
3段階目 1円×6.25%×1000人=62.5円
4段階目 1円×3.12%×10000人=312円
5段階目 1円×1.56%×100000人=1560円
6段階目 1円×0.78%×1000000人=7800円
7段階目 1円×0.39%×10000000人=39000円
8段階目 1円×0.19%×100000000人=190000円
1円×0.39%×100000000人=390000円
238749.7円
438749.7円
日給でこれだけ稼げる
可能性も有るという事になります。

仮定ですよ仮定(笑)
一人10人紹介って、とてもハードルが高いと思います。
8段階目で1億人ってw そんな旨い話しがある訳がない。
しかし、世界はまだまだ広いです。

wowapp 世界地図画像

北はグリーンランド、カナダから南はフォークランド諸島・ニュージーランドまで・・・
これは世界中の言語に対応したWowApp紹介サイトなりブログなりを作成したら、相当稼げますね。
まさにねずみ講の思考・・・おっと失礼、口が滑りました(笑)

正直なところ、ポケモンGOをプレイしている場合じゃない。
ポケモンGOのアップデートがどうとか、バッテリーセーバーが削除されたとか・・・
それどころじゃないです。
一刻も早く、WowAppに参加して自分の個人ページからWowAppに参加して貰わなければ、将来の収入に関わる一大事です。
(大袈裟か)

WowAppで稼ぐ方法

さて、WowAppで稼ぐ方法、検証して行く事にしましょう。

WowApp Advertise Me ON
WowAppの最低限の設定はお済みですか?「Advertise Me」をONにして、広告を表示できるようにしておきましょう。

WoaApp 個人ページ公表 画像
こちらも重要な設定。自分の個人ページがWowAppの公式ページにフィーチャーされる事が有ります。その機会(つまり紹介できるチャンス)を逃さない為、ONにしておきます。

この機能が有効なのかどうか、定かではありませんし知る由もないのですが、2016年7月30日(土曜日)には5人のネットワ-ク拡大に成功しました。私の考えも及ばない所で紹介が成功したのは間違いないようです。公式ページにフィーチャリングされたに違いない!できれば1年・365日毎日掲載して貰いたいものです。一応希望を書いておきました・・・。

WowAppで稼ぐWOWCOINNを増やすには、2つのカテゴリに分けて考えましょう。

 [その1] 自分で積極的にWowAppを利用する

これはとても簡単ですね。

wowapp 収益画像

画像で表されているように、「ゲーム」で遊んだ日は収益が伸びています。
WowGamesはLINEに比べ、まだまだ発展途上で貧弱と言わざるを得ない状況かも知れませんが、今後利用者が爆発的に拡大する事が見込まれている「WowApp」、サードパーティーがこの大きなビジネスチャンスを逃す訳はありません。次々にWowGamesにゲームコンテンツを送り込んで来るでしょう。

「課金」の比率が非常に高い日本のウェブ・アプリ使用状況から考えてもゲーム制作・コンテンツ提供会社から見れば「こんなに美味しい状況は他に見当たらない」と言えます。今後は間違いなくWowGamesは発展し、大きな収益を生むソースとなるでしょう。

wowgames プレイ画面

という訳でお気に入りのゲームをプレイ。スペースキーでズームして、マウスの左ボタンで打つ!
シンプルで魅せ方が上手いゲームです。

残念ながらスマホではWowGames未対応との事、
しかし前述のとおり、ゲームアプリはすぐに追加されるでしょう。
あまり課金しないように注意しましょうね(笑)

ちなみにゲーム画像の左下部分、広告が表示されている事がお分かりになりますでしょうか?
この「広告」が表示された時点で、お小遣い報酬は発生しているはず。
この広告も、日本のメーカーや広告会社が参入してくる事で日本人の趣味・趣向に合った広告が増えるだろう事が予想されます。今後のウェブ広告業界にも目が離せません。もっと言えば、WowAppの勢力拡大で「Wowappに広告を載せた会社の株価が上がる」事も予想されます。宣伝・広告会社の株の値動きを追っている方は違った観点からも、WowAppに注目しておいた方が良いでしょう。任天堂の株価暴騰ほどの騒ぎにならないとしても、WowAppの会社としてのバリューは著しく上昇するでしょう。

YouWowMe株式会社
本社の住所は香港、クイーンズウェイ89、リッポセンター、タワー1、22階の2203号室

この会社、馬鹿みたいに株価上がるぞ~($・・)/

実はWowAppで稼ぐ、よりもYouWowMeという会社に注目し、関連株で稼いだ方が手っ取り早いかも。
LINE株式会社のような巨大な組織(もともとNAVERじゃないの?NHNがLINEとHangameに分かれたのか・・・)にYouWowMe株式会社がなってしまう前に、何とか株式を大量に入手したいですね♪

と、脱線はこの辺にしておきましょう。

 [その2] 紹介者を増やす・積極的にWowAppコンテンツを利用する人を招待する

LINEのヘビーユーザーをそのままWowAppに招待して参加して貰いましょう。若年層のLINE依存が社会問題としてマスコミに取り上げられた時期がありました。今現在はアップデートしたばかりの「ポケモンGO」が社会問題になりつつあります。LINEは日本では普及を「終えた」、定番中の定番な訳です。

LINE 年代別ユーザー数画像
LINE 年代別利用者分布画像

画像を見て頂いてもお分かりの通り、LINEの日本での普及率と利用頻度は凄まじい高さです。この「LINE中毒者」「LINE依存者」にWowAppを使って貰うように仕向ける作戦が必要となります。

  • LINEとの違い「収入になる」事のアピール
  • WowAppは使っているだけでお小遣いを稼げる、収益が分配される仕組みが予め搭載されています。私個人としてはその事だけで十分、LINEからWowAppに乗り換える意義はあると考えています。しかしLINEで連絡先を多くストックしているユーザーからすれば、「わざわざアプリを差し替える必要はない。微々たる金額のお小遣いの為にLINEをやめられない」と考えるのが普通でしょう。LINEを退会する必要など全くなく、WowAppを新たに始めれば良いだけという事を教えてあげてください。

    その際に「紹介してお小遣いがさらに増やせるチャンスが有る」事には触れても、触れなくても良いと思います。ただ、そういった「色気」や「下心」も時には必要です。

  • 世界で10億人以上の利用者が既に居る安心感
  • WowAppは日本では普及が遅れていると言えます。世界各国で利用され、ユーザーは10億人を超えるそうです。LINEの絶対的な存在感がWowAppの普及を阻んでいるのかもしれませんね。ですが、これからのスタンダードになり得るのは「WowApp」でしょう。2016年7月末、WowAppは招待制で今一つ「怪しいアプリなのでは?」「ねずみ講なのでは?」という根も葉もない・根拠の全くない流言が蔓延っていますが、世界で10億人以上がWowAppを利用して楽しんでいる現状を見れば、そういった危惧もなくなるでしょう。

  • コツコツと真面目な日本人にこそフィットするWowApp
  • 日本人の特有の気質・性質として「コツコツと真面目に働く」そんな賞賛の声が海外からよく寄せられる事は、皆さまもご存じでしょう。モラル・リテラシーが高く真面目に少しずつ計画を確実に実行し、お客さんには「おもてなし」の精神で接する。そんな日本人の「少しずつ確実に物事を進める」性質にWowAppの「毎日少しずつ貯まるお小遣い」という内容はとてもフィットする、そう思えてなりません。

  • 慈善事業団体に寄付するメニューを最初から搭載
  • WowAppでは「寄付」に力を入れています。予めWOWCOINを寄付するメニューを用意している辺りはその真剣度が窺えるというものです。大きな金額ではなくても、WowAppの利用者が少しずつでも寄付をしたら、それは大きな金額となり、社会に貢献する(ごく一部であっても)事が可能となっている、素晴らしいシステムを導入しています。